禁煙補助薬チャンピックス。まだ世に出てから数年ではあるが、その成功率の高さは従来の禁煙補助薬よりも遥かに高いようです。ここでは、チャンピックスの特徴を紹介します。

少しの体験が依存、茶色く変色した歯にチャンピックス

喫煙で茶色になった歯喫煙の体験を一度すると、そのままやめる事が出来ればニコチン依存症と言った症状をもたらす事は少なくなりますが、初めて喫煙の体験をして暫く喫煙を続けてしまうとニコチン依存度が高くなり、煙草を止めることが出来なくなるケースが多く在ります。

煙草を吸ってみたい、体験をしてみたいと言った気持ちで1本、2本と吸い続けることで禁煙が難しくなるケースも在ります。

特に、1日の本数が多い人や、喫煙年数が長い人などの場合、ニコチン依存度が高くなっているため、自分の意志だけで禁煙が出来なくなるも在ります。

また、喫煙をすることで歯の裏側などにタールがこびりついてしまうなど、歯を茶色など付着が生じる事になりますし、室内で喫煙をすれば壁紙が茶色く変色することになります。

尚、歯や壁紙が茶色く変色すると同時に、喫煙をすることで肺の中が茶色や黒色になると言います。
これは煙草に含まれているタールが細胞組織に付着するからであり、煙草は肺がんや脳梗塞と言ったリスクを生じさせることになります。

ニコチン依存度を下げてくれる作用を持つのがチャンピックスです。
チャンピックスは12週間服用し続けることで禁煙を成功に導いてくれると言った特徴が在りますが、チャンピックスには服用の仕方にも特徴が在ります。

12週間の禁煙プログラムの中で、最初の3日間は0.5mgの錠剤を1錠服用し、4日目から7日目までは0.5mgの錠剤を1日2回服用します。
更に8日目以降からは、薬の量が1mgになり、1日に2度服用をすると言ったように、最初の一週間目は少量のチャンピックスを服用し、2週目以降からは薬の量を増やしていくことになります。

また、チャンピックスは他の禁煙補助剤と違って、最初の1週間だけはどうしても煙草を吸いたくなった時は喫煙をしても良いと言った特徴も在ります。