禁煙補助薬チャンピックス。まだ世に出てから数年ではあるが、その成功率の高さは従来の禁煙補助薬よりも遥かに高いようです。ここでは、チャンピックスの特徴を紹介します。

チャンピックスの偽物注意!日数を守って正しく使う

通販でチャンピックスを買い、自分で個人的に飲んで禁煙しようという人もいます。チャンピックスは本来、病院の禁煙外来で医師の指導のもと、飲む回数や日数をしっかり管理しながら服用するものですが、それを自分で通販で買って飲むことで済ませよう、というものです。これにはいろいろなリスクがあります。まず「偽物が多い」ということです。チャンピックスを通販で買うのは外国からのものも多くなっています。自己使用であれば通販で個人輸入できるからです。しかし、外国からの輸入品は偽物も多く、1割から2割は偽物とされています。そのようなものでは効果がないばかりか、もし身体に悪い物質が混ぜられていたら本末転倒です。
チャンピックスの偽者に注意次に副作用の問題があります。まず、薬を飲む飲まないとは関係なく、禁煙を始めるとすごく落ち込んだり、イライラし始める禁断症状が起こる可能性があります。また、チャンピックス自体の副作用として、目まい、頭痛、腹痛、吐き気などの身体症状が起こる時もあります。薬を使った禁煙の際にはこういったことも十分注意しながら行なっていかなければならないのですが、病院でなく自分で通販で買って行なうのでは、管理する専門家がおらず危険です。こういう面からも、病院の禁煙外来で治療を受けるべきです。チャンピックスは、日数によって飲む量や回数が細かく決まっています。はじめは0.5ml錠ですが3日目までは1日1回、4日目からは1日2回飲みます。8日目からは1mg錠になります。病院では医師や薬剤師によって日数ごとの服用分がきっちり管理されていますから、偽物の可能性があるチャンピックスを個人で買って一人で飲むのではなく、病院で治療を受けていくべきです。