禁煙補助薬チャンピックス。まだ世に出てから数年ではあるが、その成功率の高さは従来の禁煙補助薬よりも遥かに高いようです。ここでは、チャンピックスの特徴を紹介します。

チャンピックスにおける離脱症状の軽減効果

タバコの離脱症状

チャンピックスは大変高い確率で禁煙を成功させることができる薬ですが、それは人間の身体の中でニコチンとよく似た働きをするからです。
まずニコチンの場合は、タバコを吸うとその煙の中に含まれているニコチンが脳にまで届きます。
脳にはニコチン受容体というのがありますが、ニコチンはそれと結び付きます。そうするとドーパミンを出して良い気分になります。
もし普段タバコを吸っている人が吸わないでいると離脱症状が起きてしまい、また吸いたくなり、その繰り返しになってしまいます。
長くタバコを吸ってきた人は、すでにニコチンの依存症になってしまっていますので、禁煙をしてみようと思い立って自分の意志だけでやめようとしても、もうそれではやめることのできない状態になっています。
それに対してチャンピックスは、服用するとニコチンと同じように体内で作用し、脳に到達してニコチン受容体と結び付き、ドーパミンを出します。ここでニコチンと違うところは、チャンピックスの場合は出るドーパミンが少量だということです。
もしチャンピックスでもニコチンと同じだけのドーパミンが出るとなれば、今度は同じように離脱症状が起き、まったく状況が改善されません。
チャンピックスによるドーパミンが少量であるために、離脱症状を軽減化することができるのです。
チャンピックスによって脳、身体はそれで満足してしまい、新たにニコチンを欲しがることがありません。
もしそこでタバコを吸ってみたとしても、もうおいしいと感じなくなります。そうなったことで禁煙は成功したことになります。
このように、チャンピックスは離脱症状の軽減効果について医学的な根拠を持っていますので、他の方法でこれまで禁煙できなかった人もぜひチャンピックスを試すべきです。

チャンピックスでは喫煙の満足感を得られない

禁煙外来で受診することで選ぶことができるチャンピックスは、禁煙補助剤として使用される飲み薬で、医師の処方によってのみ購入できる医薬品となっています。
ニコチン依存症の人がなかなかタバコを止められないのは、ニコチンが脳内のレセプターに結合することで放出されるドパミンが、快楽といった感覚を与えるためで、タバコを止めることでドパミンの放出が止まり、落ち着かなくなるため、再び喫煙を始めてしまいます。
チャンピックスは、成分のバレニクリンが脳内のレセプターに結合し、少量のドパミンを放出するため、禁煙による不安感を取り除きます。
結合する時間がニコチンでは1時間程度だったのに対し、バレニクリンでは24時間の結合が可能となっているので、いつタバコを吸っても満足感が得られないようになっています。
タバコを吸っても満足感が得られない男性 従来の禁煙補助剤はニコチンの置換療法でしたが、チャンピックスではニコチンを一切使っていないため、ニコチンに対する依存症から離れやすくなっています。
治療期間は原則として12週間となっていますが、治療を始めたその日から禁煙する必要はなく、最初の1週間はチャンピックスを飲みながらも喫煙は可能となっています。
7日間で薬に対して徐々に慣れさせていき、タバコを吸う本数を減らしていく準備期間となっており、その間に成分がレセプターに結合するので、7日後にはタバコを吸っても実感がわかず、煙だけを吸っているような感覚になります。
本格的な禁煙は8日後からで、その後は12週間の終了時まで禁煙を続けることになります。
チャンピックスは中枢神経に作用する医薬品であるため、様々な副作用が起こるので、体に異変があった場合は医師に相談するようにしましょう。

チャンピックスだと急激に禁煙しなくても良い

チャンピックスのスターターパックとメンテナンスパック

禁煙をサポートする医薬品として販売されるチャンピックスは、バレニクリンを成分にしており、ニコチンを使用しない禁煙補助剤として有名です。
タバコが止められないメカニズムは、脳内のニコチン受容体にニコチンが結合することで放出されるドパミンによって、安心感を得られることから再びタバコを吸おうとします。
チャンピックスでは、成分のバレニクリンが血中に溶け出すと、ニコチン受容体に結合することでタバコを吸ってもニコチンが結合できない状態となります。
また、結合した受容体から少量のドパミンが放出されるため、軽い安心感を得ることができ、禁煙で起こる離脱症状を軽減することができます。
このことから、チャンピックスでは禁煙を開始するまでに1週間の猶予期間を置き、まず少しずつチャンピックスの服用量を増やしながら、タバコを吸うことができるようになっています。
1~3日間でチャンピックスの0.5mgを1日1回飲み、4~7日間で0.5mgを1日2回と徐々に増やしていきます。
この間はタバコを吸うことが可能となっていますが、すでに受容体に成分が結合してるので、タバコを吸っても満足感が得られなくなっている頃です。
8日目からは1日2回で1mg飲むようにし、この日から禁煙が始まります。
よほどのヘビースモーカーでない限りは、この時点ですでにタバコへの欲求が薄まり、無理に吸おうとしても吐き気を催したり、ただ煙を吸っているだけのようなタバコへの実感がなくなっています。
その後は12週間かけてチャンピックスを服用して、禁煙が終了しますが、離脱症状が不安だという人は、さらに12週間の延長が可能です。
最初の1週間は無理に禁煙をする必要がないので、タバコをいきなり止めることもなく、自然な禁煙が可能となっています。
チャンピックスでニコチンからの卒業